錦糸町 脱毛に行ってるという友達

今までずっと数日に1回お風呂で剃ることを繰り返してきましたが、夏場はそれでも
気になるし、全身を剃って体洗って髪も洗ってとやっていると仕事上がりには
疲れるので、念願の家庭用レーザー脱毛を買いました。最初は少し痛みも
ありましたが慣れてくればどうということはなく剃るよりも長く生えてこないので楽、
なんて思っていましたが、レーザーの照射は毛1本1本ごとなのですごく時間が
かかるようになってしまいました。数日おきの処理からは開放されたものの、
休日の数時間をかけて腕や脚の脱毛をするのはかなり骨が折れます。

結果、休日が休日としてゆっくりできなかったり予定が組みにくくなってしまったり
するため、真夏を前に以前のカミソリでの処理に戻ってしまいそうです。

綺麗になるならサロンとか行ってもいいかなとも思うんだけど高いとか詐欺とか
あるんじゃないかとか思ってたんだけど錦糸町 脱毛に行ってるという友達が
言うには全然大丈夫よって言うんで行ってみようかと思ってます。案外価格も
安いんで大丈夫かな?

オロナイン万能

むかしからの定番の化粧品、おばあちゃんが使っていたなコレっていう化粧品は
やっぱり良いのではないかと思う今日このごろ。昔とてもきれいなお肌の
おばあさまにお肌のお手入れはどうされているのかおもわずお尋ねしたら、
『ニベアよ、昔から』とのこと。でもお肌に合う合わないはあると思うのですが。

最近私がハマっているのはオロナインH軟膏です。これも昔からありますね。
テレビのCMではひび、あかぎれ、しもやけに…というフレーズでしたが、
ほかにもやけどとかいんきんたむしなどいろいろ効きます。発売は1953年
だそうです。そんなに古くはないのかな?でも古いですよね。私の使いみちは
乾燥肌対策です。乾燥して肌が荒れてしまった時にとても良く効いたので
それから虜です。なぜオロナインにたどり着いたかは、たまたまネットで
みたオロナインで毛穴の汚れがごっそり取れるというのをみてです。
すぐ試してみたくて薬局へ。とてもとてもリーズナブルな商品ですね。
鼻の頭にパックしてからお風呂で洗い流すというだけで、毛穴の汚れが
取れました。ついでに小鼻の脇が赤くなりがちだったので寝る前に塗ったら
とてもよくて。それから顔の肌トラブルというより毎日の乳液代わりに
使っています。若者にはニキビにも聞くそうですよ。

ほかには、メンソレータムのリップは欠かせないです。どんなに荒れても
このリップを塗ればすぐに治りますね。こちらは1920年にアメリカから
日本へ輸入販売開始だそうです。ニベアは1911年ドイツで開発され、
日本メジャーデビューは1968年…
あと、古いもの見なおそう!で買ってみたのはワセリン。
皮膚科でいただく薬には混ざっているのでいいかなとおもって。
肌の調子が良い時はオロナインでなくワセリンをたっぷり塗ってます。
惜しげなく塗りたくってもとてもお財布には優しいお値段。

私は今はオロナイン推しですが、ニベア、メンソレータム、
ワセリンとくらべて残念なのはパッケージ。
レトロ感はありますが、それとは別に新しい感じのパッケージに
してくれたらもっといいのにな…とおもいます。まぁでも、
見た目でなく中身ですね!!